メディアつまみ食い

ぼちぼちと話題の出来事をつまみ食っていきます。

厚生労働省関東信越厚生局長の女性トップキャリア北島智子、弟に刺され死亡

12日午前5時半頃、東京都港区高輪のマンションの1室で女性が刺されたと110番通報がありました。刺された女性は厚生労働省関東信越厚生局長の北島智子さん(56)。元新潟県副知事でキャリアトップの女性である。警察は現場にいた北島さんの弟を現行犯逮捕した。

 

f:id:es330k:20170812174106j:plain


現場は、都営地下鉄浅草線泉岳寺駅から北西約200メートル、住宅街にあるマンションの7階。現場のマンションは弟家族が住んでいたもので、北島さんは別のマンションに住んでいたという。早朝に弟家族を訪れていた背景には何があったのか。

 

「父がおばを刺した」という通報というので、110番連絡したのは弟の息子か娘ということになる。訪れた弟宅で口論となり、刺された可能性が高い。

 

弟は精神科に通院中ということなので、精神面での不安定さから家族間の懸案であったトラブルがあった可能性も考えられる。北島さんの母親も現場にいたという情報もあり、早朝ということからも家族全員を巻き込んだ問題が何だったのか、続報がまたれる。

 

北島智子さんについて

スポンサーリンク

 

 

元新潟県副知事で厚生労働省関東信越厚生局長になったばかり。

詳しい経歴は

 

1986年:日本大学医学部卒業
1986年:埼玉県入庁
1988年:厚生省入省
1992年:文部省体育局学校健康教育課専門員
1994年:山梨県厚生部健康増進課長
1997年:厚生省児童家庭局母子保健課課長補佐
1999年:青森県健康福祉部次長
2002年:厚生労働省医政局指導課医療計画推進指導官
2011年:新潟県副知事
2013年:厚生労働省障害保健福祉部精神障害保健課長
2014年:環境省総合環境政策局環境保健部長
2017年:厚生労働省関東信越厚生局長

 

まさにエリート中のエリートです。職場も残業が多いところを渡り歩いていたようで家族とのコミュニケーション不足も要因の一つかもしれません。