メディアつまみ食い

ぼちぼちと話題の出来事をつまみ食っていきます。

絶滅したと思われていたニホンカワウソか?!長崎の対馬でオスとメスの存在を確認

ビッグニュースです。なんと、絶滅したと思われていた野生のカワウソの存在が確認されました。日本では38年ぶりの出来事。場所は長崎の対馬。純粋のニホンカワウソかどうかがまだ確認できないらしいですが、オスとメスが生存していることも確認されています。

 

f:id:es330k:20170817163545j:plain


琉球大学の研究チームが、今年2月にヤマネコの調査に設置していたカメラが捉えた映像に野生のカワウソが写っていたことを今日発表。後の環境庁の調査でフンのあとなどが発見されたようで、その存在が確定したようです。

 

ニホンカワウソ?

ただ、DNA鑑定の結果オスの方は朝鮮半島で見られるユーラシアカワウソの特徴が見られるそうです。メスの方は特定できないということで、ニホンカワウソの可能性が高い。よって対馬には次の3種類が生存していると考えられます。

 

  • 朝鮮半島から渡ってきたユーラシアカワウソ
  • 対馬でひっそりと暮らしていたニホンカワウソ
  • その2種類が混合種

 

対馬というのは、カワウソ捜索には盲点の土地。なのでその生態などについてはこれから。果たして荒々しい海を渡ってくることができるのか。どれほどの数が生存しているのか。

 

愛媛、高知じゃなく対馬

今までカワウソ生存説が一番熱かったのは愛媛県。38年前に最後の生存が確認されてから、目撃情報が多く寄せられていたそうです。県獣にも指定され、カワウソをモチーフにしたゆるキャラも多い。

 

そんな愛媛県に対抗していたのが、お隣高知県。何てたって最後の生存が確認されたのは高知県須崎市、最後に死骸が確認されたのが高知県土佐清水市。

 

そうやってカワウソゆかりの地争奪戦が激しさを増している中、意表をついて実際に野生のカワウソが発見されたのは長崎県の対馬。

 

完全に肩透かしを食らいましたね。

 

まあ、他の地域でも発見の可能性が広がったと言えなくもない。四国ってどっかに住んでそうだしな。

 

大騒ぎしない

スポンサーリンク

 

 

ただ、僕らにできることは発見されたからといって大騒ぎせず、そっと見守ること。そして専門の方達には有効な方法で自然に繁殖していくように対策を立ててもらいたいと思います。

 

そんな対馬のカワウソについてのちょっといい話

keinoji.hatenablog.com