メディアつまみ食い

ぼちぼちと話題の出来事をつまみ食っていきます。

貴重な古墳を破壊してでも獣医学部を建設しようとする加計学園と今治市

事態がどうも複雑になって、なにがなんやら分からない加計学園問題。どうゆう見方をしたらいいかなあと思っていたら、歴史好きにとって見逃せない事実が判明しました。どうやら今治市の加計学園獣医学部建設予定地で、発掘されていた古墳を破壊していたらしいんです。

 

f:id:es330k:20170822122643g:plain

その破壊された古墳というのは、6世紀後半(古墳時代後期)とみられる前方後円墳「高地栗谷1号墳」。全長約30メートル、後円部の直径約18メートル、前方部の長さ約12メートルでなかなかの規模の古墳。場所は加計学園獣医学部建設予定地となっているところで、2003年に発見。その後発掘調査の結果、愛媛県下でも珍しい装飾用の水晶玉や馬具、須恵器の高杯形器台などが出土。当初今治市教育委員会も首長級の人物が埋葬されたものであると高く評価していた。

 

ところが。

 

この場所が加計学園獣医学部建設予定地に決まると、たちまちこの前途有望な古墳をあっさりと破壊していましました。破壊したのは加計学園に土地を提供する今治市。しかも学校が開設できるかどうか、最終決定が下る前にすでに工事入ってるってどういうことでしょう。古墳は工事に入る前、誘致が決定した時点でさっさと壊して更地にしてるようです。

スポンサーリンク

 

 

今治市としては、最初から調査するだけで残すつもりはなかったみたいなことを言っています。もう出るもんは出たと。

 

ちなみに「高地栗谷1号墳」の近くには、他にも「高地栗谷Ⅲ遺跡」や「高地栗谷Ⅰ遺跡」などの遺跡があったんですが、それも建設に予定地にすっぽり覆われているためすでに破壊済み。

 

Google Mapの航空写真で現地を確認してみると、確かに古墳らしきものはなく、更地が広がっているだけでした・・・。

 

ただでさえ、謎に包まれた四国の古代史が解き明かされる重要な資料なのに。こうやって破壊された遺跡や古墳は全国にいっぱいあるんでしょう。それにしても卑弥呼四国説っていうのもがあるんだし、四国に有力な豪族がいた可能性だってあるでしょう。もっと四国の古代史大事にしましょうよ。