メディアつまみ食い

ぼちぼちと話題の出来事をつまみ食っていきます。

中国3500万人もの男余り現象の衝撃

最近、世界中を揺るがすニュースが多い中、なにげに背筋が寒くなったニュースが「中国で3500万人の男が結婚できない」です。

 

f:id:es330k:20170925122710j:plain


ことの発端は1979年から2015年まで実施されていた、人工抑制策「一人っ子政策」です。

 

現在様々な弊害が取りざたされていますが、その中でも僕が衝撃を受けたのが男女比のバランスの悪さ、男余り現象です。

 

一人しか生めないことから、男の子を望む家庭が多く、中には出産前に女の子ということが分かると中絶するということもあったらしい。

 

そんなこんなで、物理的に結婚年齢層の女性より男性が多い、その数、3500万人!多い!

 

これは物理的な数字なんでどうしようもない。もうこうなったら一夫多妻制の逆、一妻多夫制をひくしかない。

 

そんなこんなで中国では、大量の寂しい男性をターゲットにしたアダルトグッズのお店が大反響らしいです。どんな田舎に行っても必ずあるとか。ラブドール(ダッチワイフ)のシェアリングサービスを禁止する条例なんかもでてましたね。

 

現在では一人っ子政策も緩和されたので、そのバランスは徐々に解消されていくでしょうが、今度は比較的裕福な年配の「一人っ子」男やもめが、年下の女性を狙うという現象も出てくると思います。そうやって社会の歪みがなかなか解消されず、さらに複雑になっていくと予想されます。

 

そういった不満のエネルギーは磐石な共産党体制を揺るがすきっかけになるかもしれません。