メディアつまみ食い

ぼちぼちと話題の出来事をつまみ食っていきます。

世界一のサークルクラッシャー、オノヨーコについて考える

ねほりんぱほりんで取り上げられたこともあり、サークルクラッシャーが話題になっている。調べてみると意外な名前があがってきた。それは誰かというと、あの世界のビートルズ、ジョン・レノンのパートナー、オノヨーコ。知ってる人はなるほどというところでしょう。しかし、そもそもサークルクラッシャーってなんなんだ。

 

f:id:es330k:20171011132926p:plain


サークルクラッシャーとは

 

サークルクラッシャーは2種類の捉え方がある。広い意味のサークルクラッシャーと狭い意味のサークルクラッシャーだ。

 

狭い意味のサークルクラッシャー

 

大学のサークルなど、特定の集団で特に男女経験の少ない男性が多い男性ばかりの集団の中に女性が入ることにより、その女性を巡って主に恋愛感情のもつれから組織に亀裂が走り、最終的にサークルを破壊してしまう現象。

 

特にオタクの集まった集団に起こりやすく、男性側の特徴としては恋愛に免疫が少ないこと。女性側の特徴としては2種類あり、ひとつはもともと男性を翻弄しやすい小悪魔的な女性が引き起こすもの。こちらはさらに意図的な人と意図せず自然に男性を振り回す人に別れます。

 

もうひとつは女性も恋愛ベタな場合です。女子校だったとか、もともとあまり男性に興味がないとかで男性経験の少ない(ない)女性が、一時的にでもチヤホヤされることにより男性に勘違いされるような態度をとってしまうというものです。やたらボディタッチをしたりとか。


広い意味のサークルクラッシャー

 

サークルクラッシャーの語源としては、狭い意味で書いたとおりなんですが、世の中にはそれ以外にも組織を破壊する人がいます。それは男女をとわず、もちろん原因も恋愛だけではありません。

 

世界一のサークルクラッシャー

 

というわけで広い意味でサークルクラッシャーを捉えた場合、その破壊したものの大きさでいうと、オノヨーコは世界一ではないかと思うのです。

 

オノヨーコは御存知の通り、ジョンレノンと出会い、意気投合して音楽を始めとした芸術活動を行います。もちろんビートルズにも首を突っ込むようになり、それがメンバー内に亀裂が走る原因となりました。そしてビートルズは解散します。

 

ここで、オノヨーコとジョン・レノンの間に恋愛感情はありますが、他のメンバーとオノヨーコは男女関係にはなりません。なので元々の狭い意味ではサークルクラッシャーではないのですが、事実ビートルズという世界一の売り上げを叩き出していた音楽グループをクラッシュさせたのです。まさに世界一のサークルクラッシャーと呼ぶにふさわしいでしょう。

 

と大風呂敷を広げてみましたが、当時ビートルズは音楽性を巡ってすでにメンバー間の軋轢はあり、オノヨーコの件は決定打のひとつにすぎません。他のメンバーも色恋沙汰かかえていたしね。


ゲス不倫の元祖とも

スポンサーリンク

 

 

ちなみに、オノヨーコとジョン・レノンは出会った当時、お互いに妻子持ちでありダブル不倫だったわけで、昨今ブームの「ゲス不倫」の元祖でもあります。そもそもミュージシャンでこの手の話を探してたら枚挙にいとまがないですが。

 

ちなみにオノヨーコの職業は現代芸術家。既成の概念を破壊する専門家であり、もっと大きいサークルを破壊しようと企んでたわけですね。