メディアつまみ食い

ぼちぼちと話題の出来事をつまみ食っていきます。

「黒迫」雨上がり決死隊宮迫博之の不倫報道に見る昨今の不祥事の消し方

またまた文春砲によって芸能人のスキャンダル・不倫報道が報じられました。斉藤由貴や上原多香子に比べると小ぶりな話題かもしれませんが、「黒迫」という言葉の中に最近のスキャンダル報道の問題点が隠されている気がしたので取り上げてみます。

 

 

またまた不倫報道

f:id:es330k:20170811171924j:plain


吉本興業のお笑いコンビ、雨上がり決死隊宮迫博之に美女二人との不倫報道が勃発した。相変わらず芸能人(政治家も)不倫報道は絶えることがなく続いている。ここのところは斉藤由貴上原多香子の不倫報道のほうが大きく取り上げられていて、ちょっとかすんでしまうかもしれませんが、注目してみると面白い点が浮かび上がります。

 

以前、別のブログで、芸能業界をめぐるスキャンダル報道が増えてきたのは環境の変化が多いのではないかと推察したことがあります。

 

要約すると、とある業界の衰退と無縁ではないんじゃないかというものです。報道だけをみると近年にかぎって、道徳が乱れて不倫が増えてきたように見えますが、不倫・女性関係は昔から盛んでした。いや昔のほうが盛んだったと思います。


不倫報道の現状

f:id:es330k:20170811171954p:plain

なぜ、今になって噴出するかというと、問題が起こると事を収めに行っていた人たちが衰退して守られなくなった、マスコミのほうが強くなったという事だと思います。

そんな中で起こった宮迫博之の不倫報道。いうまでもなく雨上がり決死隊は吉本興業の所属です。この吉本興業、お笑いの人がたくさんいるという印象ですが、実は日本屈指の芸能人を抱える一大プロダクションでもあります。

この大プロダクションが、今回は本気で所属芸能人の守りにとりかかってきました。雨上がり決死隊宮迫博之といえば、テレビのレギュラーを多数抱える同社のドル箱です。

お笑いなので他の芸能人に比べると収拾がつけやすいですが、今回は視聴率がやっと上がってきたフジテレビお昼の「バイキング」を使ってきました。不倫に一番敏感に反応する主婦層が多く見ている番組で、一部お笑いにくるみながら、そして一部は政治の世界でもみられるイメージ戦略、悪く言えば印象操作をつかってきました。

 

「黒迫」がでてきた背景

スポンサーリンク

 


「黒迫」という言葉自体は相方の蛍原 徹が放った渾身の「ネタ」ではありますが、今回のスキャンダルはこういった「黒迫」「オフホワイト」などキャッちーな言葉を使って、オブラートにくるんで印象を柔らかくすることに成功しています。見ている人は自分の印象が下げられたことに気づいていないでしょう。

 

そして記者会見ではなく、テレビの生放送で釈明した。こういった問題でオピニオンリーダーとして主導権を握る主婦層に直接話しかけるという手法をとっています。こうすることによって、事件の印象は夫や友達を通じて自分の意見として伝播されて広がっていきます。

 

つまり、まずは影響力の強いオピニオンリーダーを掴むことにより、事件の希薄化をはかったわけです。これは吉本興業という大プロダクションからできたことで、他ではなかなかできないことかもしれません。

 

それに吉本興業にしても、以前はこうした不祥事は手放し状態でした。昔は露見化して時点で事は終わっていたからです。それを会社で行わなければなららくなったのは、少々面倒かもしれませんが、昔よりは安くすんでいるんではないでしょうか。