メディアつまみ食い

ぼちぼちと話題の出来事をつまみ食っていきます。

映画「関ケ原」夏封切に向けてキャストと予告を公開

司馬遼太郎の名著を原作にした実写映画「関ヶ原」がが8月に公開されるようで、キャスティングと予告トレーラーが発表されましたね。豪華な布陣で、これは大作だなと一目で分かります。

 

 

8/26公開
とりあえず予告です。

youtu.be

 

主な出演者、監督

石田三成 岡田准一
島左近 平岳大
徳川家康 役所広司
小早川秀秋 東出昌出

監督は原田眞人

 

映画「関ケ原」公式サイト

wwwsp.sekigahara-movie.com

 

キャストについてひとりごと

 

f:id:es330k:20170811153947j:plain

岡田准一は島左近でも良かったんじゃないかなあ。黒田官兵衛もやってたんだし軍師繋がりということで。原作では島左近が主役っぽかったような気が。

有村架純が時代劇初出演だとか。それは意外。CMだけだったのか。

個人的に気になるのは、島津義弘の麿赤児かな。この人で世紀の退却劇が見られる(たぶん)のは楽しみ。

直江兼続の松山ケンイチも。微妙なポイントに名のある俳優を持ってきたなと。

公式サイトを見る限りでは、小説で重要なポジションだった大谷吉継の存在感が薄いような・・・実際、映画ではどうでしょうか。

期待反面、映画でやるキャストかな?とも思う。大河ドラマのようなキャストみたいにみえる。

 

管理人のみかた

スポンサーリンク

 

 

司馬遼太郎の書いた歴史を舞台にした小説は、「司馬史観」と呼ばれていて、いわば現在の歴史観のデフォルトです。一番の好例が坂本龍馬をここまで有名にしたことでしょうね。

以前は僕も「司馬史観」の虜でした。


ですが、前にも書いたように

keinoji.hatenablog.com


ひねくれた視点で歴史を見るようになりました。ひねくれたというか、通説を疑えってことですね。

 

関ヶ原の合戦も、従来言われたきたように、初めから一大決戦をしようとしていたのではなく、あれよあれよという間になし崩しに始まった、というのが今の僕の説。

 

関ヶ原に関して、最大の謎は1日で決着がついたこと。

 

どうも日本を2分した争いが、たった1日で終わるとは思えない。

僕の仮説としては、圧倒的な兵力で西軍をボッコボコにした徳川家康が、後の批判を恐れて印象操作したんじゃないかと。

 

何人か裏切りがあったんで、やっと勝てましたと。という筋書きで。おそらくは戦いが始まる前の各大名への工作で大勢はついていたんでしょうな。

 

なんて妄想を繰り広げるのが歴史の正しい楽しみ方です。

 

たった1日どころか、6時間で終結したというのは映画でも強調されるようで、歴史以上まれにみる当時の戦国大名を東西に分けたオールスター戦を映画を通していろいろ考えるきっかけになるといいと思います。